お子さまの歯を守るのは親御さんの役割です

武蔵新城駅そばのアクアファミリー歯科では、小児歯科を設置しております。お子さまの歯の健康を守れるのは親御さまだけ。当院がしっかりとお手伝いさせていただきます。キッズスペースを設置し、治療後にはご褒美も用意していますので、どうぞご安心してお連れください。

お子さまの歯を守れるのはお母さん、お父さんだけです

子どもは自分で歯の健康を守ることはできません。仕上げ磨きなどで、普段からしっかり親御さまがケアをしてあげることが予防につながります。一度虫歯になってしまうと、痛みや恐怖心のせいでお子さまが歯医者嫌いになってしまい、将来のデンタルケアにも悪影響が及ぶでしょう。まずは予防がもっとも重要です。

また、そもそも乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい特徴があります。これは歯の表面を覆うエナメル質が、乳歯は永久歯にくらべて半分程度の薄さとなっているからです。また、「乳歯はどうせ抜けるんだから」と油断するのは非常に危険です。乳歯は咀嚼(そしゃく)や食欲以外にも、骨格や容姿、発音にまで影響を与えます。

虫歯は大人の口から子どもに感染します

あまり知られていませんが、虫歯というのは風邪やインフルエンザなどと同じうつる病気(感染症)です。そして、生まれたての赤ちゃんのお口の中には存在しないものでもあります。ではなぜ乳歯が虫歯になるのでしょうか? 実はお母さんやお父さんのお口から、1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間にスキンシップの中で移ると言われています。

お子さまの口腔内環境を守るためには、親御さま自身のお口を清潔に保つことも大切です。親子でご来院いただき、一緒に歯磨きの指導を受けたり、定期健診やメインテナンスを受けるのが良いでしょう。

子どもを虫歯にさせない3つのポイント

だらだら食べは
やめさせましょう
食事やおやつを長時間にわたって食べ続けてしまう通称「だらだら食べ」は、お口の中に糖分が居続けてしまうので、虫歯菌の恰好の餌食となります。時間をしっかり決め、楽しく美味しく食べられるように工夫しましょう。
糖分の摂りすぎにご注意 虫歯菌の大好物は糖分です。酸を生み出すために必要な原料となりますので、甘いおやつやジュースの与えすぎには十分注意してください。また、おやつをキシリトール入りのものにしたり、ジュースをお茶に変えたりといった工夫をおすすめします。
食後のお口さっぱり習慣を
つけさせましょう
食後には、できるだけ口腔内に糖分が残らないよう歯磨きをする習慣をつけさせましょう。難しい場合には、口をゆすぐだけでも構いません。こうした習慣を子どものうちから付けておくことで、将来の健全なデンタルヘルスにつながります。

子どもの歯を守るための処置メニュー

虫歯になるリスクの高い乳歯を守るには、親御さまの工夫はもちろん、歯医者でのケアも大切です。当院が行っている子どもの歯を守るための処置メニューをご紹介します。

歯磨き指導
虫歯予防は毎日の歯磨きがもっとも重要です。お子さま一人ひとりに合わせた方法を指導いたします。親御さまには、仕上げ磨きのコツなどもお教えいたしますので、ご自宅でぜひ実践ください。
フッ素塗布
定期的にフッ素を歯の表面に塗布することで歯質を強くし、虫歯になりにくい歯へ変えていきます。フッ素には再石灰化の促進効果もあるので、初期段階の虫歯であればそのまま治癒する場合もあります。
シーラント
歯磨きでは取り切れない、奥歯の深く、複雑な溝に溜まった食べカスは虫歯の原因となります。シーラントとは、この溝にあらかじめ歯科用樹脂を埋め込んでおき、虫歯のリスクを低下させる方法です。

お子さまを歯医者嫌いにさせないための注意点

お子さまが歯医者嫌いになってしまうと、お口の健康を守ることが困難になります。ここでは歯医者が嫌いにならないためのポイントについて解説いたします。

POINT 1	「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くよ」はNGです

一度でも「歯医者さんは怖いところだ」というイメージを持ってしまうと、お子さまの頭の中にはいつまでもマイナスイメージが残ります。軽い気持ちであっても、歯医者に行くことがまるで罰のような言い方をするのはやめましょう。

POINT 2	「行くだけ、診てもらうだけ」の嘘はNGです

「お母さんの治療に付き添うだけよ」と言っていたのに、実は自分の治療だったという場合、お子さまはきっと傷つくでしょう。歯医者を嫌いになってしまうかもしれません。なぜ治療が必要なのかをしっかり伝えてあげてください。

POINT 3	歯医者にいくことを数日前から教えておきましょう

通院する数日前から歯医者にいくことを伝えておき、お子さまに心の準備をさせてあげましょう。不安が残ったままでは身構えてしまい、きちんとした治療が行えない可能性があります。カレンダーなどに記入しておくなどの工夫も良いでしょう。

POINT 4	親御さまはリラックスしましょう

子どもは親の表情や仕草を良く見ています。歯医者に行った際、親御さまが不安なそぶりを見せたり、緊張していたりすれば、必ずお子さまに伝わるでしょう。お父さん、お母さんはリラックスして、穏やかな気落ちで見守ってあげてください。

POINT 5	機嫌の良い時に連れて行くようにしましょう

お昼寝の時間やお腹が減っている時などは不機嫌になってしまうお子さまもいらっしゃいます。こうした際にご来院されると、いつも以上に泣いたり暴れたりされることが多いです。できるだけ機嫌の良いタイミングを見計らい、お連れいただくようお願いします。

POINT 6	「痛い」という言葉にご注意

「痛くない?」ついつい聞きたくお気持ちも分かりますが、できればこの言葉はお口に出さないようご注意ください。言葉によってお子さまが痛さを実感してしまい、泣き出してしまうことがあります。

POINT 7	治療後はたくさん褒めてあげましょう

治療を頑張ってくれたお子さまは思いっきり褒めてあげることが大切です。自信にもつながりますし、自発的に「また歯医者さんに行こう」と思えるようになります。

当院の小児歯科の取り組み

当院の小児歯科では無理強いをするような治療は行いません。お子さまにも、親御さまにも通いやすい環境作りを目指しています。

お子さまに安心感を 治療後はご褒美を 親御さまに快適を
治療中は声をかけながら、安心感を与えてあげられるよう努めています。また、ご希望の場合は親御さまの膝の上にお子さまを寝かせての治療も可能です。 治療後には頑張ってくれたご褒美としてガチャガチャのコインをプレゼント。「また歯医者さんに来よう」と思っていただけるよう、工夫をしております。 治療を行うユニット内にもキッズスペースがありますので、治療後お話しをさせていただく時などにご利用いただけます。キッズスペースはユニットの外にもあります。

お子さまの歯を守るための小児歯科アクアファミリー歯科 044-798-2564