歯を失ったら放置せずにご相談ください

武蔵新城駅そばのアクアファミリー歯科では、入れ歯などの義歯治療を行っています。お選びいただくものによって特徴や費用が変わりますので、まずは一度ご来院いただき、患者さまにもっとも適した入れ歯のご提案をさせてください。

歯を失った際の治療法と選択肢

歯が失われてしまった場合の選択肢として一般的なのが「入れ歯」です。費用が安くすみますので、多くの方が使用されています。また、保険適応外のものを選べば、金属を使わないタイプのものを選んで金属アレルギーを回避したり、見た目を良くしたりすることも可能です。

後で紹介する方法に比べると、健康な歯を削る必要がなく、比較的短期間で治療が完了するというメリットもあります。また、ズレや違和感、あごの骨への影響といったデメリットもあります。

その他の方法

入れ歯以外の方法として、「ブリッジ」と「インプラント」があります。ブリッジは1~2本程度歯が抜けてしまった時に有効な治療法です。抜けた歯の両脇にある健康な歯を削って調整をし、患部と両脇の歯に取り外しのきかない被せものをして歯を補います。保険が適応されますので、患者さまの経済的負担は少なくて済むのがメリットです。

また「インプラント」はあごの骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工歯を被せて行う治療のことです。見た目や使用感に優れていますが、外科的手術が必要で、治療費が高額になるのがデメリットです。

自費診療と保険診療の入れ歯の違い

自費診療 保険診療
特徴 素材は金属やシリコンなど多彩で、自由に選ぶことができます。装着した際の異物感は少ないものが多く、中でも金属床のものは薄く加工されているため、食べ物の温度が口に伝わりやすい特徴があります。見た目も非常に自然な仕上がりである場合が多いと言えます。 素材は歯科用プラスチック(レジン)のみに限られます。使用感は個人差があるものの、違和感を覚える方も多いようです。また、レジンは厚めの加工となるため食べ物の温度が伝わりづらい特徴を持っています。見た目は口を開閉することで入れ歯であることが伝わってしまいます。
製作と修理期間 選ぶ素材や種類によって変わります。ものによっては非常に長期となる可能性もあります。 場合によりますが、約1ヵ月で製作可能です。修理についても短期間で完了することが多いです。
経済的な負担 保険適用外となりますので、保険診療と比べると負担額は大きくなります。 保険が適用となりますので、経済的な負担は少なく済みます。

当院での取り扱い入れ歯一覧

ノンクラスプデンチャー
金具不使用で装着可能な入れ歯です。素材が柔らかいため装着の際違和感が少なく、見た目も自然です。経年劣化しやすいというデメリットもあります。
マグネットデンチャー
磁石を利用し、磁力によって固定するタイプの入れ歯です。インプラントと組み合わせて、総入れ歯の装着も可能です。
シリコンデンチャー
「床」部分にシリコンを使用したタイプの入れ歯です。弾力と吸着力に優れており、歯茎に負担がかからないのでしっかりとした噛み心地があります。
金属床義歯
素材にチタン床を使用しているため体に優しく、非常に薄く軽量なので食べものの熱も伝わりやすい。
レジン義歯
歯科用プラスチック(レジン)でできた入れ歯です。煮消毒ができるためお手入れは簡単。装着時に違和感を覚える方が多いです。

各種入れ歯、ご相談ください
アクアファミリー歯科 044-798-2564